品質問題(なんでも)Q&A

他山の石

・他山の石

平成24年10月の製品検査で次の様なケースに出会いました。これまでに同様な事例に出会われた方が少なくないと思います。「他山の石」としてお互いに自戒したいものです。

ケース1 衿伸び寸法の不足

婦人物カットソーの衿伸び寸法が58cmで基準値の62cm以上に達しなかったケースです。衿伸び寸法の不足は以前はかなり発生していましたが、最近は大幅に減っております珍しい事例ですが、衿伸び寸法不足は重大な欠陥で全量ロスになりかねません。納品検品の段階では間に合いませんから、その前(仕上がり)見本検品など段階で発見して防止に努めるべきでしょう。

ケース2 袖部分と身頃部分に色差がみられる。

商品は婦人物ワンピースですが、外観検査で袖の部分と身頃部分にかなりの色差が認められるため不適合になったケースです。このような事例は決して珍しくなく、程度の差はありますが、時折り出現して担当者を困らせます。袖の部分と身頃の部分に使われた生地のロット違いに原因しているものと考えられますが、これも要注意事項でしょう。

お探しの情報は見つかりましたか?

こちらの回答で問題は解決しましたでしょうか?
繊維検査協会では、みなさまからのご質問を受け付けております。
右の画像をクリックして質問用紙をダウンロードしていただき、
事業所までFAXしてください。
 本部・東京事業所 FAX 03-3249-7279
 大阪事業所    FAX 072-729-2062

page top