公益財団法人日本繊維検査協会

新着情報

生命や身体に影響はないが~一寸した表示の間違い

気になる一寸した表示の間違い 

久しぶりに担当者から現場の声を聞きますと、衣料品などの表示ミスは相変わらず 
減少する気配がありません。 

これら大部分のミスは、もちろん生命・財産に深くにかかわるほど重大なものでは 
ありません。 

それでつい喉元を過ぎればで、おおくの場合、軽視されその場限りの対応で終わっ 
てしまい勝ちですが、意外や意外品質管理の本髄に迫る重要な問題を内包している 

ように思うのです。 

それはあまりにも単純な、チェック時の手抜きによるミスと思われるケースが多すぎ 
るからです。 

大抵の場合、いずれかの段階で、担当の人がチェックしているはずですが、それが形 
だけにとどまっているように見えます。 

スクリ-ンにかけ間違いを見出そうとする意欲が乏しく、形式的なものに終わってい 
る。 

そこに大きい原因があるのではないでしょうか。 

例えば次のょうな事例が報告されていますが、そんなことは些細なミスで、余り重箱 
隅をほじくるようなことをと言っても始まらない。 

なとと、 
企業の姿勢として鷹揚に構えて良いものでしょうか。 

是非ひろく皆様のご意見を承りたいものです。 

 単純な表示ミスの一例1) 

1)  レース ポリエステル・・ 100% 
    生地  ポリエステル・・・ 80%     
                棉・・・・・・・・・・・・20%
  もちろんどこが間違っているか言うまでもありませんね。 
 
2)雑貨 
                本体・・・合成皮革     
    裏地・・・ポリエステル100% 
モチーフ部分 合成皮革

3)縫付けラベルと下げ札の不一致 
*縫い付けラベル               *下げ札 
身生地・・表側 ポリエステル・・80%    身生地 表側 ポリエステル・65% 
        綿・・・・・・・20%                            綿・・・・・・35% 
中わた・・・・ ポリエステル・100%    中わた・・・ポリエステル・・100% 
裏側・・・・・ 綿・・・・・・・80%     裏側・・・・ポリエステル・65% 
        ポリエステル・・20%           綿・・・・・・35%  
リブ部・・・・ 綿・・・・・・・80%     リブ部・・・・綿 ・・・・65% 
        ポリエステル・・20%            リエステル・35% 


いったいどちらが正しいのでしょうか 

I.T(データ提供)

MENU

CLOSE

page top